【無職からの起業】今後1年間の計画 #0

1年間独立チャレンジ#0
  • URLをコピーしました!

新卒で入社し、約1年勤めた会社を退職し、2022年7月より無職になることになりました。

今後1年間は大学時代から人生で成し遂げたかったことの1つである「ノマドフリーランス」として活動していく予定です。

大したスキルもなく、コネもない男ですが、1年間自分なりに実現したいことに挑戦してみようと思っています。

目次

今仕事を辞めてまで挑戦する理由

ずっと目標だったノマドフリーランスになりたかったというのが一番の理由だが、勤務年数1年という短い期間で挑戦に踏み切ったのは以下4つが理由。

この半年間全く成長を感じていない

自分が新卒入社した時に求めていたのはスキルを高め、市場価値を高められることの一点のみ。

実際に入社してから約半年間は色々な新しい仕事に挑戦したり、そもそも仕事をどう進めていくかもわからなかったため、毎日忙しいながらも日々学んでいることを感じられて楽しく働けていました。

しかし、働きながら勉強を続けていると会社の状況が自分のキャリアにとってあまりよくないことを感じ始めます。

一定程度のコーディング力を身につけたあとは自分自身に成長の機会を与えようと上司に新しい仕事やツールの導入などを提案したり、勉強会を自分で主催したりして社員の方々に感謝されるということもありました。が、

  • ベンチャーといいながらも色々古い体質(ツールから働き方から全て)
  • 社員の学習意欲、情報感度が低く、切磋琢磨できる環境にない
  • 当初の目的であった大きくスキルアップできる仕事がほぼない(会社の体質が古いので得られるスキルも古い)
  • 上司のほぼ全員が転職や独立を考えておらず、今後も残り続けるが新しい人はどんどん辞めていく
  • 人手を増やさないと成長しないビジネスモデルのため、年収が大幅に上がることはないが、どんどん新しい人は辞めていく

ということに気づき、親友がメガベンチャーでどんどん成長している状況、大学の友人が起業して成功している状況と比較してみると自分が今いる環境に焦りを感じ、「何かを変えないと手遅れになる」と思い、退職を決意。

転職したかった会社で面接落ち

退職を決意してからは独立の準備をしていたものの、ずっとPodcastで聞いていた憧れの企業が採用を始めたという情報を発見。

すぐにエントリーを書き上げ、提出。

ものすごく高い倍率が予想される中、まさかの書類選考の連絡が届き、歓喜しました。おそらく人生の喜びランキングでTOP20に入るレベルにはうれしかった。

いよいよ面接の日。準備に準備を重ね、気合を入れて臨みました。

… 結果、無事死亡。1次面接落ち。

緊張しすぎて言ってることが支離滅裂になり、Zoomを切った瞬間「ああ、オワタ\(^o^)/」とベッドに倒れ込みました。

この面接落ちがあったから、キッパリ「もう独立するしかない」と腹を括れたと思います。

90日間起業チャレンジに感化される

90日間起業チャレンジ – 億万長者の挑戦

概要を説明すると、

大企業の創業者であり、世界中に家があるほどの億万長者である55歳のグレンは未だにアメリカンドリームは実現可能であることをその身で証明しようとする。

その内容は自身の正体を隠し、90日間で1億円企業を0から作り上げること。

以下のものを持たされて、見知らぬ土地に飛ばされる。

  1. 連絡先が入っていない携帯電話
  2. 古いトラック
  3. 1万円

ここから55歳のグレンが仲間を作り、事業を進め、挑戦をしていくという話。

起業を少しでも考えている方はぜひ見てほしいです。絶対に感化されるし、1秒でも早く起業したくなるはず。

2022年の1年間はフリーランスとして活動していくつもりだけれども、一人で最低限の生活費を稼げるようになったら起業します。

色々な社会情勢による恐怖

最近の世界情勢を見てると「早めに何かやっておかないと後悔することになるかも」と思うようになりました。

「今度は日本が狙われたら?地理的にも近いし、攻めてきそうな国と問題抱えてるし、経済的にも弱体化してるからアメリカに見捨てられるかも」

大袈裟かもしれませんが、「死ぬ前にやりたいことは早めに全部やっとこう」という考えに至った理由の一つ。

1年間の目標

とりあえず1年間の目標を公開しておきます。

月に20万円を3ヶ月連続で稼ぐ

個人的に月に10万円もあれば最低限生きていけるのですが、仮想通貨への投資資金がほしいので倍の20万円ということにしました。

内訳は

  • コーディング&ライティング: 100,000円
  • その他クライアントワーク: 50,000円
  • アフィリエイト: 50,000円

ひとまず赤字にならずにフリーランス活動ができれば、チャレンジは成功と言えるでしょう。

資本主義社会5階層ピラミッド説

資本主義において4種類の人間が存在することはロバート・キヨサキのキャッシュフロー・クワドラントで有名ですが、個人的にそれを5つの段階に分けてみました。

資本主義社会の5階層ピラミッド

人によってはフリーランスや正社員を飛ばして経営者になったりする人もいますが、基本的にはこの順番で上に上り詰めていくことが資本主義社会で勝ち抜くには必要と言えそう。(勝ち抜く必要があるのかはひとまず置いておいて)

個人的には次のステップに行ける最低限の「資金」と「スキル」ができたので「フリーランス」に挑戦することに決めました。

この1年の目標であるフリーランスとして「月に20万円を3ヶ月連続で稼ぐ」ことを達成できたら、次のステップである「経営者」を目指していきます。

チャレンジ撤退条件

総資産が60万円を切る

1ヶ月の生活資金を多めに見積もって15万円だとして、4ヶ月無収入で生き延びるには60万円が必要。

転職に必要な期間が3ヶ月だと言われているため、バッファの1ヶ月を加えた60万円を切るまでが挑戦権を保持できる期間と考える。

60万円を切ったら就職してスキルと実務経験、資産を積み直そうと思っています。

何をしていくか

収入の柱になる事業を作る

目標で述べた内訳のうち、アフィリエイトに一番のリソースを注ぐつもり。

6月よりWeb3.0(仮想通貨)ブログを立ち上げ、SEOだけでなく、InstagramやTwitter、PinterestなどSNSを利用して集客をしていきます。

とにかくアフィリエイトで結果を出せないと永遠クライアントワークのラットレースから抜け出せなくなるので1年間死ぬ気でコミットして結果を出す。

人に会いに行く

まず、資金を長持ちさせるために物価の安い地方や東南アジアに行きます。

そして、住む土地のコワーキングスペースやフリーランスコミュニティ、マッチングアプリなど様々な場所やツールを駆使して、様々な人と出会い、新たな仕事やチャンス、同じ志を共有できる仲間を作りたいです。

記録する

最後にこういったことを全部記録して、公開していこうとも考えています。

フリーランスになる上で挑戦した内容やそこから得た学び、成果や失敗なども全て公開するので1人の25歳がいきなり仕事を辞めて無職から起業を目指す過程を一つの実験サンプルとして活用していただければ嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

社会人1年で会社を退職し、個人事業主へ(25)| NotionやObsidianを利用してモダンでグローバルでマッチョなビジネスパーソンになるべく奮闘しています。| 現在Youtubeの企画・運営・編集全てを担う案件を進行中

コメント

コメントする

目次
閉じる